ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

朝食抜きは高カロリーに反応してしまう実験とは

1週間でもシェイプアップ効果が現れるちょい足しメソッドの「朝食抜きダイエット」。しかし、その効果に疑問を投げかける調査結果が発表されました。朝食を抜いたときは、より高カロリーな食べ物に目が行ってしまい、結果的に朝食を食べたときより多く食べてしまうという調査結果です。



朝食抜きは高カロリーに反応してしまう実験とは

朝食抜きと朝食ありの脳の変化

イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者が、21人の被験者を対象に行った調査結果が発表されました。朝食を食べたときと抜いたときの、脳の変化や行動の違いを調査したものです。

実験では被験者に、サラダやチョコレートなど異なる食べ物の写真を見せて、そのときの脳の変化を調べました。食べ物の写真については脳の変化だけでなく、その食べ物にどれほど魅力を感じたかの点数を付けています。そして脳の測定後には、被験者は好きなだけパスタを食べてもらいました。

この一連の実験を、被験者が朝食を食べたときと、食べなかったときに2度実施。朝食抜きと朝食ありの違いを明らかにしようというものです。

朝食抜きは高カロリーに反応

その結果、朝食を抜いたときは、食べ物の必要性やおいしさを認識する脳の眼窩前頭皮質が、高カロリーな食べ物で活発化することが判明。なかでも、チョコレートに一番魅力を感じたといいます。

また、脳の測定のパスタについても違いが現われました。朝食を抜いたときは、朝食を食べたときより250kcal分も多く食べたのです。このように朝食抜きダイエットは、無意識のうちに高カロリーな食べ物に反応してしまうデメリットがあることが証明されました。

とはいえ、そもそもダイエットは空腹感との戦い。その戦いに勝てるか勝てないかが、ダイエットが成功するか否かの分かれ道です。その意味で、この実験結果を知っておくことは大切。ちょい足しメソッドの朝食抜きダイエットは、そのあとの心理変化も把握した上で空腹感に耐えなければならないのです。

■「朝食抜きダイエット」おすすめ記事
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」

■「ダイエット」おすすめ記事
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下
りんごダイエットは効果絶大!1週間で4.3kg減
癌に効く食べ物は糖質制限ダイエットそのもの
ダイエットが続かない人のための肥満治療とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事