ナイス!シニア

40代からの医療情報…現役看護師が監修

新着記事

サービス付き高齢者向け住宅の費用は15万~30万円

「サービス付き高齢者向け住宅」とは、主に民間事業者が運営するバリアフリー対応の賃貸住宅で「サ高住」とも呼ばれています。要介護高齢者が多く入居する有料老人ホームと異なり、主に[…続きを読む]

特養ホームは要介護3以上で利用できるが待機多数

「特養ホーム」とは、社会福祉法人や地方自治体が運営している介護保険施設「特別養護老人ホーム」のこと。正式名称は「介護老人福祉施設」です。「特養」と呼称されることもあります。[…続きを読む]

ショートステイは介護保険適用か否かで大きく違う

何らかの都合により自宅での介護ができなくなったときに、一時的に老人ホームや介護施設に入所できる仕組みが「ショートステイ」です。ショートステイは最短で日帰から1日単位で利用で[…続きを読む]

ゲッターロボ&ゲッターロボG 原作 永井豪/作画 石川賢 「石川賢は錆びず!折れず!咆吼し!輝き!軋み続けるのだった!」と寺田克也氏は本書の復刻に向けて熱いメッセージを寄[…続きを読む]

世界一強い女。 江口美幸著 (第3回女子全世界空手道選手権大会軽量級チャンピオン) 小さい頃から、運動なんて大嫌い! 筋金入りの読書フリークだったはずの江口美幸が、ふとは[…続きを読む]

ペインタボン! 寺田克也著 「大猿王」をはじめとするイラストレーション、「BLOOD THE LAST VAMPIRE」や「神宮寺三郎」シリーズのキャラクター・デザインで[…続きを読む]



SF画家 加藤直之 時空間画抄 加藤直之著 時空間を自在に創造し、独自の描写でSFアートの地平を切り開く加藤直之。SF小説カバー絵、ゲームのコンセプトデザイン画、ポスター[…続きを読む]

武部本一郎SF挿絵原画蒐集 【1965~1973】上巻 武部本一郎 著/加藤直之 監修 SFアートの父・武部本一郎の「火星シリーズ」をはじめとするSF原画を上下巻1000[…続きを読む]

野良猫式シアワセのレッスン 里中哲彦 編訳/矢田健 写真 野良猫と世界の名言、警句が奏でる、ちょっぴり辛めのシアワセ論。思慮深いねこの表情が言葉の薀蓄を引き立てる。日英対[…続きを読む]

鬼才! 時代劇画家 平田弘史 その軌跡 祝! 生誕80年&劇画家60年特別記念出版

鬼才!時代劇画家 平田弘史 その軌跡 松本品子 編 時代劇画の巨匠・平田弘史の生誕80年&画業60年を記念した「保存版」画集! 初期から現在に至るまでの作品を[…続きを読む]


おすすめ記事

耳くそはとっちゃダメ!耳垢栓塞で難聴になる
じつは、耳くそをとる耳かきは危険な行為です。耳鼻科医のほとんどは怖くてやっていません。耳くそをとると耳垢栓塞という病気になって、難聴になってしまうかも知れません。『駆け込み[…続きを読む]
皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん[…続きを読む]
メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にで[…続きを読む]
梨状筋ストレッチを仰向けでやる2つの方法
加齢とともに硬くなってしまうのが梨状筋。梨状筋はお尻の奥にあるインナーマッスルです。この梨状筋のあいだを通っているのが坐骨神経。梨状筋が硬くなってしまうと坐骨神経を刺激して[…続きを読む]
急性肺炎は1週間で死に至る危険もある病気
肺の病気といえば肺炎ですが、じつは近年、新しいタイプの肺炎が増加しています。それが「急性肺炎」。年齢や性別を問わず、最悪の場合は1週間で死に至る危険のあるのです。『主治医が[…続きを読む]