ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

クランチで腹筋を割るならアイソメトリック

「クランチ」は誰もが想像する腹筋運動そのもの。このクランチを「アイソメトリック」で行う方法があります。アイソメトリックは両手を押し合うなど、自分の力を利用したトレーニング法。イスに座ってできる筋トレなのでどこでも手軽に腹筋を鍛えられるちょい足しメソッドなのです。



クランチで腹筋を割るならアイソメトリック

クランチは腹筋運動の代名詞

クランチは仰向けになって行う腹筋運動の代名詞。ひざを軽く曲げ、上半身をおこすという筋トレです。とはいえ仰向けになるスペースや、動きやすいウェアなどが必要になります。

ここでアイソメトリックのクランチは、イスに座ってできるちょい足しメソッド。家でも職場でも、ちょっとした合間に手軽に筋トレできるのが特徴です。さっそく、そのやり方を見ていきましょう。

イスに座ったら背筋を伸ばして、両手を前方に上げてください。軽くひじを曲げて上腕が太ももと平行になるまで上げるのです。

アイソメトリックのクランチ

この姿勢から上半身を曲げていきます。強めに息を吐きながら、腕を引き絞るようにしてひじを体に寄せてください。腹直筋に力を入れて、あごをひいておへそを覗き込むイメージです。

上腕が胸につくまで、5秒かけてゆっくりと曲げていきます。上腕が胸についたら5秒キープ。ゆっくりと最初の姿勢に戻って終了です。垂直に立てた骨盤は動かさないようにしてください。

10回を1セットとして、毎日3セット行ってください。筋トレ当初は1セットでもかまいません。アイソメトリックのクランチは、縦に長い腹直筋の上部を絞り込むイメージです。こうすると腹筋を割る効果がアップします。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事