ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

吉川メソッドでチュート徳井が腹筋バキバキ

最近は胸が出てきた…と話すほど緩んだボディだったチュートリアルの徳井義実さん。それが吉川メソッドで、たった2ヶ月で腹筋バキバキになるダイエットを実現しました。さっそく、ダイエット達成率100%という吉川メソッドのトレーニングメニューを紹介しましょう。



吉川メソッドでチュート徳井が腹筋バキバキ

吉川メソッドはオーダーメイド

ウエストゆるゆるのチュートリアルの徳井義実さんが訪れたのは、吉川メソッドの吉川朋孝さんです。超ハードながら確実な成果が期待できると話題の吉川メソッドの開発者になります。吉川メソッドのダイエット達成率は100%、短期間で理想のボディへと変貌させてくれます。

吉川メソッドのダイエットは、まず脂肪を落としてリバウンドをしない体質にしたうえで、筋肉をつけていくというやり方です。100種類以上あるトレーニングメニューからその人に合ったメニューを作成。効率よく体に負荷をかけていきます。

骨格は変えられませんが、その上にある筋肉は自分でデザインできるというのが吉川さんの考え方です。筋肉の材料は食事ですから、吉川メソッドは食事を含めた筋肉トレーニングをオーダーメイドで行います。

吉川メソッドで腹筋バキバキ

吉川メソッドのトレーニングはV字腹筋から、懸垂、ベンチプレスなど立て続けに行います。スケジュール的には、トレーニングのために週2回はジム通い。それに加えて、ジョギングなど毎日1時間以上の有酸素運動を行います。

毎日の食事はご飯やパン、麺類などの炭水化物は禁止。食べてよいのは、筋肉になりやすい、高たんぱく低カロリーな食材のみです。具体的には鶏ささみやイカ、シーチキンなど。しかも、18時以降は食事禁止です。

上半身だけでなく下半身もトレーニング。上体反らしスクワットやジャンピングスクワットを行っていました。その結果、75.8kgだった体重は65.0kgとマイナス10kgオーバーを達成。体脂肪率も27.8%から13.0%と、およそ半分に劇的に変化。吉川メソッドで見事に腹筋バキバキになったのでした。


スポンサーリンク

吉川メソッド式のV字腹筋

ここで吉川メソッド式のV字腹筋のやり方を紹介しましょう。普通の腹筋と比べて、その負荷は10倍以上といいます。吉川メソッド式のV字腹筋は反動をつけずに、腹筋のみを使うことがポイントです。

まずは仰向けになって手を頭の上で組んでください。ひざを軽く曲げて脚を垂直くらいまで上げたら、首と肩も床から浮かせます。尾てい骨が少し浮いた状態くらいが目安です。

この姿勢から顔とひざをゆっくり近づけるように背中を丸めて1秒キープ。そして、ゆっくり元の位置に戻します。ここで、肩や尾てい骨は床に付けないのが吉川メソッドのV字腹筋のポイント。ゆっくりと10回行ってください。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事