ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

吉川メソッドの上体反らしスクワットは負荷10倍

吉川メソッドとはチュート徳井のボディをわずか2か月で腹筋バキバキにした、話題のダイエット法。オーダーメイドの超ハードなトレーニングメニューが特徴です。そこで、自宅で手軽にできる吉川メソッドを紹介しましょう。通常の負荷の10倍という上体反らしスクワットです。



吉川メソッドの上体反らしスクワットは負荷10倍

吉川メソッドを指南してきた吉川朋孝

男性にはバキバキのボディを、女性には美しいボディを手に入れる吉川メソッドを指南してきた吉川朋孝さんは、なんと「ガングロ独身タワマン男」。40階以上の家賃68万円のタワーマンションに住み、隔週で日焼けサロンにも通っています。

そんな吉川さんが、自宅で簡単にできる吉川メソッドを伝授してくれました。それが吉川メソッド式上体反らしスクワット。かかる負荷は通常のスクワットの10倍以上です。

しかも、この上体反らしスクワットは女性にもオススメ。女性のひざは、年齢とともに肉が下がり気味になってしまうものです。そんな悩みを解消するのが上体反らしスクワット。ひざの筋肉を鍛えることで、下がってきた肉を引き上げてひざ美人を実現します。

吉川メソッド式上体反らしスクワット

さっそく、吉川メソッド式の上体反らしスクワットのやり方です。まずは体を支えられるように、ドアノブなどにつかまって立ちます。その場でかかとを上げたら、そのまま上体を反らしてください。

そして、上体を反らしながらひざも曲げるのです。そこから体を元に戻したら1回。回数は10~15回、必ず限界を迎えるくらいの負荷にしてください。これを1日3セット、週に2日ほど行えば効果が現われます。

ちなみに吉川メソッドの食事法は、筋肉になる高タンパク低カロリーが基本。ご飯やパンなどの炭水化物はいっさい摂りません。鶏肉であればササミ、牛肉であればモモ肉…といった具合です。食事とトレーニングの組み合わせで、体質を根本的に変えるのが吉川メソッドなのでした。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事