ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹筋を割るなら筋トレの20分後に有酸素運動

ダイエットなどで体脂肪を減らすには、筋トレと有酸素運動の組み合わせが効果的という話はよく耳にします。それでは、腹筋を割るには筋トレと有酸素運動はどちらを先にやるのが効果的なのでしょう。まずは筋トレを先にやって、その20分後に有酸素運動をするのがちょい足しメソッドです。



腹筋を割るなら筋トレの20分後に有酸素運動

腹筋を割るには筋トレを先にやる

腹筋を割るために重要なのは、腹筋を鍛えることよりも体脂肪率を下げることです。たとえば大相撲の関取は、すごい腹筋の持ち主でもあります。しかし、相撲に必要な脂肪がお腹についているため、腹筋は割れていません。

そもそも腹筋は割れているもの。縦に2本ある長い腹直筋は、腱画とよばれる腱で区切られています。腹筋を鍛えずとも、最初から割れているのです。

このため、腹筋を割るためのトレーニングで重要なのは脂肪燃焼。その意味で、腹筋を割るには筋トレを先にやったあとに有酸素運動をするのがちょい足しメソッドなのです。

筋トレ開始20分後に有酸素運動

運動のエネルギー源は筋肉などに蓄えられた糖質と、体脂肪に蓄えられた脂質。筋トレはエネルギー源として糖質を消費するもの。筋トレ後は糖質が枯渇しやすい状態です。このタイミングで有酸素運動を行うと、もう1つのエネルギー源である脂質が使われるのです。

腹筋を割るのに筋トレ後の有酸素運動が有効なもう1つの理由は、運動強度の高い筋トレを先に行うと、脂肪分解ホルモンが分泌されやすくなるからです。脂肪は分解されたあとに消費されるものなので、分解がある程度進んだ状態で有酸素運動を行ったほうが効率がよくなります。

脂肪分解ホルモンとは、筋トレによって分泌されるアドレナリンと成長ホルモンこと。筋トレを行うとまずアドレナリンが分泌、少し遅れて成長ホルモンが分泌されます。そして、アドレナリンと成長ホルモンの分泌ピークが重なるのが筋トレ開始20分後。これが有酸素運動のちょい足しメソッドです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事