ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹筋インナーマッスルダイエット【3ステップ】

腹筋運動だけでウエストは細くなりません。内側にある「腹筋インナーマッスル」を鍛えなければシェイプアップ効果は出ないのです。そこで、腹筋インナーマッスルを鍛えてダイエットする方法を具体的に紹介します。腹筋インナーマッスルダイエットは簡単3ステップで実行できるのです。



腹筋インナーマッスルダイエット【3ステップ】

お腹の肉の原因は内臓下垂にアリ

お腹に筋肉のない子どものお腹はポッコリ膨らんでいます。ウエストまわりのお肉の原因もこれと同じです。外側にある脂肪が主因ではなく、じつは内側の内臓の状態に大きな問題があります。

腹筋インナーマッスルが弱って胃や腸が正しい位置より下がった状態が「内臓下垂」。ウエスト周りを太く見せているのは外側の腹筋や脂肪ではなく、内側にある内臓だったのです。

そして、内臓下垂を矯正してウエストまわりを細くするのが腹筋インナーマッスルダイエットです。さっそく、ちょい足しメソッドで実践できるその簡単3ステップを見ていきましょう。

腹筋ダイエット簡単3ステップ

【1】30秒ダイエット
30秒ダイエットは、息を吐き切ってお腹をへこませた状態を30秒間キープするもの。足を肩幅よりやや広めに開いて膝を軽く曲げ、骨盤を後ろに寝かすようにするのがコツ。これを気が向いたときにやればOKです。
すぐに実践できる腹筋インナーマッスルの鍛え方

【2】お風呂で筋トレ
お風呂でお腹をへこませた状態をキープして、上体をさまざまに動かす筋トレを行います。時間にして1分半ほどですが、腹筋インナーマッスルがかなり鍛えられます。そして、ウエストまわりが驚くほどすっきりしてくるのです。
インナーマッスルの鍛え方!自宅筋トレメニュー

【3】腹筋ウォーキング
腹筋ウォーキングは、お腹をへこませた状態で姿勢よく歩くというもの。ふだんから姿勢のよいウォーキングを心がけていないと、うまく腹筋インナーマッスルを鍛えられません。頭から吊られるように背筋を伸ばして、腹筋インナーマッスルを引き上げるイメージが大切です。
ウォーキング効果で腹筋インナーマッスルを強化


スポンサーリンク

腹筋ダイエットで動作が機敏になる

腹筋インナーマッスルには、実際に体か動く前にその動きを先取りしてどこよりも先に動くという働きがあります。腹筋インナーマッスルは、体の動きの土台となるもの。腹圧を高めることで体幹が安定するため、スポーツパフォーマンスにも大きな影響を与えます。これが動作が以前よりも機敏になったように感じる理由です。

これは腹筋インナーマッスルが動作の前に腹圧を高めて、体の土台を作っているため。どのような体の動きをするにしても、まず土台がしっかり作られていなければ、体はスムーズに動き出しません。

そこで、体が「こう動く」と意図した段階で、神経的な反射によって腹筋インナーマッスルが先駆けて活動を始める仕組みになっているのです。そして、腹筋インナーマッスルの先駆け機能が高いほど、機敏で的確な動きができるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事