ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腸腰筋の筋トレを階段を上りながらやる方法

インナーマッスルは日常生活のさまざまな場面で鍛えられます。なかでも階段は、インナーマッスル強化に打ってつけ。日常生活のちょい足しで、とくに骨盤まわりのインナーマッスルである腸腰筋を筋トレできます。ここでは、階段を登りながらできるインナーマッスルを強化する方法を紹介しましょう。



腸腰筋の筋トレを階段を上りながらやる方法

階段を上りながら腸腰筋を筋トレ

骨や関節の配列がきれいな状態で階段を上がると、自然とインナーマッスルが鍛えられます。そもそもインナーマッスルは正しい姿勢を維持するのが役目だからです。

そこで、ちょい足しメソッドとして階段を上りながらインナーマッスルを鍛える方法を紹介します。足を前に振り上げる骨盤まわりのインナーマッスル、とくに腸腰筋を筋トレすることが可能です。

意識しなければならないのが、ひざの位置です。階段を上ろうと前足を出したとき、足先よりも膝が前に出るのは正しくありません。膝に負担がかかってしまうため、膝を痛める原因にもなります。とくに足先で踏み込む意識が強いと、膝が前に出やすい傾向があるのです。

上り階段は腸腰筋の筋トレに最適

そこで、階段を上りながらインナーマッスルを鍛えるには、足の裏ぜんぶで踏み込む意識が大切。自然とももから足が上がるようになります。ひざが足先よりも前に出ないため、負担がほとんどかかりません。

また、足を太ももから上げるようになるため、股関節周辺のインナーマッスルが鍛えられます。このとき筋トレされるのが腸腰筋です。骨盤と足の付け根を結ぶ腸骨筋と、背骨と足の付け根を結ぶ大腰筋を合わせたインナーマッスルになります。

このように上り階段は、インナーマッスルを鍛えるチャンス。腸腰筋の筋トレには最適な場所といえます。ちょい足しポイントは、正しい姿勢と足裏ぜんぶで踏み込むこと。これを意識するだけで、腸腰筋を筋トレすることができるのです。


スポンサーリンク

腸腰筋の筋トレは目を閉じた片足立ち

腸腰筋は上半身と下半身を結ぶインナーマッスル。このため、体の軸を安定させるためには腸腰筋が大切な役割を果たします。このため、腸腰筋の筋トレは体の軸を安定させることにもつながるのです。

もっとも簡単にできる腸腰筋の筋トレは、両目を閉じて行う片足立ち。自然な起立の姿勢で立ったら目を閉じて、そのまま片足を上げてバランスが崩れるまで立ち続けるのです。上げた足は立ち足には付ないでください。

腸腰筋の筋トレのポイントは、バランスを崩してもすぐに足をつかずに粘れるだけ粘ること。ギリギリまでがんばるときに腸腰筋が筋トレされるのです。腸腰筋があるのは太もも付け根の奥。立ち足側の腸腰筋を意識するとより効果的です。片足10秒を目安に両足を1セットにして、10セットを目安に行います。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事