ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法とは?

腹筋インナーマッスルを鍛えるときに大切なのが呼吸法です。呼吸法に腹式呼吸と胸式呼吸があるのはご存じのとおり。一般的には、腹式呼吸のリラックス効果などが知られていますが、じつは腹筋インナーマッスルを鍛えるには胸式呼吸を意識することが大切なのです。



腹筋インナーマッスルが鍛えられる呼吸法とは?

腹筋インナーマッスルを鍛える呼吸法

呼吸法は大きく、お腹をふくらませたり引っ込めたりする腹式呼吸と、肋骨を広げたり閉じたりする胸式呼吸とがあります。腹筋インナーマッスルを鍛えるときには胸式呼吸を意識することが大切です。むしろ正しい姿勢で胸式呼吸の呼吸法を行えば、おのずと腹筋インナーマッスルが鍛えられます。

腹筋インナーマッスルの鍛え方は、お腹をへこませた上体をキープすること。呼吸法の流れで見ると、まず腹式呼吸で息を吸うときにお腹を膨らませ、吐くときにお腹をへこませます。そして、大きく息を吐くとともに腹筋インナーマッスルに力を入れてお腹をへこませ、その状態をキープするのです。

お腹をへこませたあとは胸式呼吸を意識します。腹筋インナーマッスルに力を入れたまま、息を吸うときに胸をふくらませて、息を吐くときに胸をしぼませるのです。これこそが呼吸法でいう胸式呼吸になります。

胸式呼吸でインナーマッスルを鍛える

慣れていないと、お腹が呼吸に合わせてふくらんでしまうので要注意。腹筋インナーマッスルに力を入れ続けることを意識することが大切です。肩甲骨を下げるイメージで両肩をやや後ろに引くと、胸式呼吸がしやすくなります。

腹筋インナーマッスルを鍛えるために腹式呼吸から胸式呼吸を行なうことで、肋骨周辺にある腹横筋という筋肉を刺激。同時に、腹斜筋などのインナーマッスルも刺激することで、筋力アップすることができるのです。

慣れてきたら、導入部分の腹式呼吸は省きます。パッと腹筋インナーマッスルに力を入れるとともに、胸式呼吸を始めるのです。この胸式呼吸ができるようになると、いつでも腹筋インナーマッスルが鍛えることが可能です。

会議中や移動中、通勤の合間など好きなときに、ちょい足しメソッドとしてインナーマッスルを鍛えるの呼吸法を実践しましょう。


スポンサーリンク

逆式の腹式呼吸でインナーマッスル

腹式呼吸には、息を吐くときにお腹をふくらませ、吸うときにへこませるという逆腹式呼吸もあります。インナーマッスル強化には順式を利用したほうが効果的ですが、健康効果としては逆腹式呼吸のほうが高いのです。

逆腹式呼吸では横隔膜筋が下がったときにお腹も収縮。腹腔内の容量が小さくなります。この腹腔内の収縮と拡張によって、内臓がより大きく動くことになるのです。その意味で、内臓脂肪の燃焼や消化機能のアップは、逆腹式呼吸のほうがより高まるということになります。

逆腹式呼吸の効果をアップするのが、両手と両足を伸ばしたポーズ。仰向けになって体を反ることで、肺や内臓を圧迫から解放させます。そこに逆腹式呼吸の効果で酸素が血液とともに内臓に流れ込み、脂肪を燃焼効果が高くなるのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事