ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腹斜筋の鍛え方でダイエット効果に差がつく理由

腹筋のインナーマッスルがダイエットに重要な役目を果たすことはもはや常識。しかし、どの筋肉が重要なのかは意外と知られていません。腹筋のインナーマッスルは腹斜筋と腹横筋。なかでも、腹斜筋の鍛え方で腹筋のダイエット効果に差が付きます。ちょい足しメソッドとして腹斜筋の鍛え方を紹介しましょう。



腹斜筋の鍛え方でダイエット効果に差がつく理由

くびれを作る腹斜筋の鍛え方

腹筋を筋肉の種類で分けると、大きくアウターマッスルである「腹直筋」と、インナーマッスルである「腹斜筋」と「腹横筋」の3種類になります。なお、腹斜筋は外腹斜筋と内腹斜筋の2種類で構成されています。実際には外腹斜筋がアウターマッスルで、内腹斜筋がインナーマッスルです。

腹斜筋はわき腹にある筋肉で、腹斜筋は肋骨から骨盤までの広い範囲をカバー。腹斜筋の役目は体幹を横に倒す働きやひねる働きがあります。そのほか、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり、排便を助けたり…と多岐にわたります。

表層部には外腹斜筋、その深部に内腹斜筋が存在。外腹斜筋は肋骨の外側から斜めに下に向かって付いていて、内腹斜筋は骨盤から肋骨に向かって付いています。ウエストのくびれを作る筋肉でもあるため、腹斜筋の鍛え方でダイエット効果に差がつくのです。

腹斜筋の鍛え方でダイエットに差

腹斜筋の鍛え方としては、横になった大の字の姿勢から片方のひじと、対角線上の脚をくっ付ける動作がよく知られています。上げたひじと反対側の手は、床に付いたままでもOKです。

ひじと脚をつけたら5秒間キープします。左右交互に10回ずつ行うのがオススメです。負荷を高くするなら、床についた手を頭の後ろに持ってくるとよいでしょう。

じつは、ここで大切なのが腹斜筋の左右のバランス。腹斜筋の重要な役目に、身体のゆがみがない状態を保つことがあるのです。ゆがみのない体は、腹斜筋が左右対称に働いています。


スポンサーリンク

腹斜筋は両腕を動かすために作用

そして、体のゆがみがあると脂肪の燃焼効率は上がりません。腹筋運動だけでなかなか痩せられない理由の1つはここにあります。腹斜筋の鍛え方を左右交互に行うのには、左右差を作らないためでもあるのでした。

腹斜筋には、両腕の効率よく動かすために作用する役割もあります。腹斜筋がしっかり働かないと腕力が発揮できないのです。というのも、腕は体の前面では大胸筋など、背面では広背筋などによって胸郭と連結しています。

腕に力が加わると、腕から肋骨に付いている筋肉によって、肋骨は腕の方向へ引き付けられてしまうのです。ここで肋骨が固定されていないと胸郭が浮いて、力が体幹に伝わらなくなります。ここで肋骨を固定する作用をするのが腹斜筋なのです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事