ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

メラノーマ

メラノーマの症状に対する分子標的薬の効果とは
分子標的治療とは、がん細胞の持つ特異的な性質を分子レベルで捉えて、それをターゲットとしてその機能を制御する治療する方法。ほかのがんと同様に、メラノーマの症状にも分子標的薬の開発と臨床応用が進ん[…続きを読む]
メラノーマの免疫治療剤とシグナル阻害剤とは?
メラノーマの治療はいま劇的に進化しています。それは、免疫治療剤とシグナル阻害剤という2つの画期的な治療法が開発されたからです。これまで効果的な治療法がなかったメラノーマですが、免疫治療剤もシグ[…続きを読む]
メラノーマ治療薬がほかのがんにも効果的な理由
メラノーマの画期的な薬として登場したのが、免疫治療薬のオプジーボです。私たちの免疫細胞には正常細胞まで過剰に攻撃しないようにブレーキが付いています。ところがメラノーマのがん細胞は、このブレーキ[…続きを読む]
オプジーボはがん細胞を攻撃せず免疫細胞を活性
もともとはメラノーマの治療薬として発売されたオプジーボは、非小細胞肺がんや腎細胞がんの治療薬としても承認を取得。胃がんについても承認申請中と、さまざまながんでも治療効果があります。メラノーマの[…続きを読む]
メラノーマは転移する確率が高い危険な皮膚がん
皮膚がんの中でも、もっとも気を付けなければならないのがメラノーマ。別名、悪性黒色腫とも呼ばれる皮膚がんです。その理由は、転移する確率の高さ。このため、メラノーマは早期発見・早期治療が重要になり[…続きを読む]
皮膚がんは3種類ある!メラノーマだけじゃない
皮膚がんというとメラノーマが思い浮かびますが、じつは大きく3つの種類があります。皮膚がんのうち、もっとも悪性のがんとして怖れられているのがメラノーマといわれる色素細胞のがん。別名「悪性黒色腫」[…続きを読む]


メラノーマの進行速度は全部が早いわけではない
メラノーマはすべてが進行速度が早く、転移も早いとは限りません。じつはメラノーマは大きく2つに分けられます。そして、進行速度が遅いタイプのメラノーマは比較的、年をとった人にできやすいのが特徴。メ[…続きを読む]
メラノーマを手術は周囲の皮膚をごっそり取る
メラノーマは日本語では「悪性黒色腫」。悪性の黒い腫瘍です。メラノーマは患部が黒くなり、それがどんどん大きくなります。非常に転移が早く、手遅れになるケースも少なくありません。このためメラノーマを[…続きを読む]
メラノーマの症状と間違えやすい3つの病気とは
メラノーマの症状は黒いシミのような状態から始まるのが一般的。黒いシミといえばほくろでしょう。多くのほくろは生まれててからできますが、せいぜい20代まで。シニア世代になってできたほくろはメラノー[…続きを読む]
メラノーマ治療で話題の新薬は免疫力を高める
いま高額ながん治療薬が話題になっています。メラノーマ治療に使われる「オプジーボ」は、免疫力を高める新しいタイプの薬です。がん治療薬はがん細胞を攻撃する抗がん剤がよく知られていますが、この新しい[…続きを読む]

古い記事