ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

ドローインのやり方に激しい動きは必要ナシ

ドローインのやり方は、お腹をへこませた状態をキープして胸を動かして呼吸する胸式呼吸に近いでしょう。お腹に力が入った状態を続けることで、腹横筋と呼ばれる腹筋インナーマッスルを鍛えます。ドローインの基本的なやり方からウォーキング法までさまざまなちょい足しメソッドを解説しましょう。



ドローインのやり方に激しい動きは必要ナシ

ドローインの基本的なやり方

ドローインの基本的なやり方を詳しく紹介しましょう。まずは立った状態、または仰向けに寝て足を骨盤の幅程度に広げてください。仰向けのときは、膝を90度ぐらいに曲げておきます。

背筋を伸ばして胸を張り、息を大きくゆっくり吸い込んでください。このときお腹はへこませたまま。胸を膨らませるように肋骨を大きく開いてたくさん息を吸い込みます。

そして、息をゆっくり吐いてください。このとき、さらにお腹をへこませるのがポイント。こうして、お腹をへこませたまま浅く長い呼吸を行うようにします。肛門を締めるイメージでお尻にも力を入れるのがちょい足しメソッドです。

ドローインのやり方で大切な丹田

ドローインのやり方で大切なことは、息を吐くときには体の中心、気の集まる場所とされている「丹田」を意識することです。丹田はへその7cmほど下腹部。丹田に向かって腹圧をかけるように、お腹をへこませましょう。

お腹をへこませたまま、なるべく長く続けることがドローインの基本。最初は5秒くらい続けることを目指すことから始めます。徐々に時間を10秒、20秒と伸ばして、最終的には30秒ほど続けるようにしましょう。

ドローインは姿勢を選ばずにできるダイエット法。電車や信号待ちで立っているときでも、イスやベンチに座っているときでもすぐにできます。どんな姿勢でも、丹田に向かって下腹部をへこますイメージを持つことがちょい足しメソッドです。


スポンサーリンク

ドローインウォーキングのやり方

ドローインを歩きながら行うやり方もオススメ。静止した状態より腹横筋などお腹まわりの筋肉をよく使うので、ダイエット効果がさらにアップします。さっそくドローインウォーキングのやり方を紹介しましょう。

まずは立って姿勢でドローインです。息を吐きながら、可能なところまでお腹をへこませます。このとき、天頂から頭が吊られているイメージで、背筋を伸ばしてください。同時に、腹筋と背筋に力を入れて安定させます。

この姿勢から、腰の位置を高いままキープしながらウォーキング。腰を後ろ足で押し出します。お腹まわりだけでなく腰まわりの筋肉が使われるので、ドローインのダイエット効果がアップするのです。

■「ドローイン」おすすめ記事
胃下垂を治すドローインでインナーマッスル強化
ぽっこりお腹を解消する「内臓下垂」の治し方

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事