ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

朝食抜きダイエットは1週間でも効果が出る

食べる量は増えていないのに、なぜか体重ばかりが増えてしまう経験はありませんか? それは年齢とともに基礎代謝が下がってきて、その余分なカロリーがお腹まわりの肉となっているのです。そんなときに「朝食抜きダイエット」がオススメ。ちょい足しメソッドで1週間もすれば効果を実感できます。



朝食抜きダイエットは1週間でも効果が出る

朝食抜きダイエットは空腹感がキツイ

ちょい足しメソッドともいえる朝食抜きダイエットのやり方は、いたってシンプルです。それまで食べていた朝食を食べなくするだけ。1日の摂取カロリーを1食分、丸ごとカットする単純明快なロジックです。

いきなりぜんぶ抜くのがきついなら、ヨーグルトなどだんだん軽いものに変えていくのもよいでしょう。朝食抜きダイエットは最終的に、ジュースのみを摂取するようにします。

朝食抜きダイエットを始めた当初、もっともキツイのが午前中の時間帯の空腹感。グルグル…というお腹の音が止まらないほど、ハンパなく空腹感が続きます。この空腹感を乗り越えられるかこそが成否の分かれ目です。

空腹感こそがダイエットできている証拠…と考えて、誘惑に負けずにがんばるほかありません。ダイエット当初は、昼食を早めの11時30分くらいに摂るようにするのもよいかもしれません。慣れてくれば昼食は12時や13時など通常の時間まで我慢できるようになってきます。

朝食抜きダイエットは1週間で効果

朝食抜きダイエットで、午前中の空腹感の次に気をつけなければならないのが間食。じつは夕方くらいにも、空腹感の波が押し寄せてくるのです。

ここで間食したら効果ナシ。我慢できないときは、缶コーヒーやミルク入りコーヒーなどを飲んで空腹感を紛らわしましょう。お菓子やパンなどの固形物をとったら終わり。経験上、歯止めがきかなくなります。

1週間もすれば、朝食抜きダイエットは効果が現れます。ウエストまわりや首、頬などがスッキリとしてくるはず。その効果を励みに、ひたすらがんばるだけです。

朝食抜きダイエットを続けている限り、午前中と夕方の空腹感はなくなることはありません。いかに空腹感を前向きに捉えて付き合っていけるかが、ちょい足しメソッドとなる朝食抜きダイエットのカギといえるでしょう。

■「朝食抜きダイエット」おすすめ記事
1週間で効果が現れた「朝食抜きダイエット」

■「ダイエット」おすすめ記事
はらすまダイエットは体の中も健康にする!
不眠症の原因は「無理なダイエット」にあった
炭水化物抜きダイエットは認知症になりやすい!?
糖質制限ダイエットの女性の成功率は50%以下
りんごダイエットは効果絶大!1週間で4.3kg減
癌に効く食べ物は糖質制限ダイエットそのもの
ダイエットが続かない人のための肥満治療とは?

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事