ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

腸腰筋トレーニングはダイエットに効果アリ

ダイエットには基礎代謝が大切です。しかし気温が高いと、熱を作り出す基礎代謝が最小限で済んでしまいます。さらに、冷たいものを食べ過ぎて内臓が冷えても基礎代謝が低下します。そんな基礎代謝の低下を防ぐのが「腸腰筋」です。ちょい足しメソッドの腸腰筋トレーニングでダイエットしましょう。



腸腰筋トレーニングはダイエットに効果アリ

腸腰筋トレーニングでダイエット

基礎代謝とは体内で燃えるエネルギー。寒い冬は必死で体温を上げようと体内で熱を作り出すため基礎代謝が上がりますが、夏は熱を作り出すエネルギーが最小限で済むため基礎代謝は低下します。

そのため、冬と同じ食事量を摂っていると太りやすくなってしまうのです。とはいえ、筋肉量が多ければがんばって燃やすことができます。このため、ダイエットには「腸腰筋」を鍛えることが重要なのです。

そんな腸腰筋には2つの特徴があります。1つはすごく大きい筋肉であること、もう1つは、大きいにも関わらず触れない筋肉ということです。このため、腸腰筋トレーニングは、お腹の中の筋肉をイメージすることが大切。ただ動かしているだけではまったく効果がありません。

腸腰筋トレーニングをちょい足し

さっそく、基礎代謝を上げるちょい足しメソッドの腸腰筋トレーニングを紹介しましょう。まず右足を前に足を前後に開いて、両腕を体の正面に伸ばして両手を合わせます。この姿勢からゆっくりしゃがんでください。

後ろの足が床と平行になる位置までしゃがんで骨盤を安定させたら、体を左から左右に3回ずつひねるのです。顔は正面を向いたまま、合計6回ひねってください。

もう1つのちょい足しメソッドの腸腰筋トレーニングは、仰向けで行います。上体を少し起こしたら、左足と右手を同時に上げてください。次に、足が床に着かないようにして、右足と左手を同時に上げます。

ちょうど横になったまま歩行の動きをしているイメージです。上体と足を床に着けないまま、手足を交互に上げ下げします。10回繰り返したら、手足と上体を下ろしてください。この10回3セットを、朝と夜にちょい足しするのがオススメです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事