ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

肩甲骨をストレッチして悪い姿勢を簡単リセット

インナーマッスルは姿勢を維持する筋肉です。このため、正しい姿勢はインナーマッスル強化につながります。それにはまず、悪い姿勢をリセットする必要があります。そのキーポイントとなるのが肩甲骨です。肩甲骨ストレッチで悪い姿勢を簡単リセットするちょい足しメソッドを紹介します。



肩甲骨をストレッチして悪い姿勢を簡単リセット

正しい姿勢で肩甲骨ストレッチ

猫背などで姿勢が悪い人は背骨が前方に曲がりがち。肩甲骨も前に傾いてしまっています。肩甲骨がこの状態では、背骨を真っ直ぐに伸ばそうとしても正しい姿勢にはなりません。

そこで、まずは悪い姿勢をリセットします。胸を張ることを意識しながら肩甲骨を背中側に引き寄せるのです。こうすることで背骨が真っ直ぐに伸びて、正しい姿勢をとることができます。

正しい姿勢をとったら、今度は肩甲骨ストレッチです。骨盤を垂直にすることを意識して立ったら、胸を張るようにして両腕を少し広げます。このとき、手の平は後ろ側に向くようにするのがポイントです。

肩甲骨ストレッチは1日5回行う

この状態から肩甲骨からストレッチするイメージで、両腕を後ろに向けてパタパタするのです。この肩甲骨ストレッチは1日5回ほど。この日常生活のちょい足しで肩甲骨周辺のインナーマッスルが鍛えられて、悪い姿勢がリセットできます。

インナーマッスルは、お腹や骨盤だけではなく体全体に存在。肩甲骨まわりにも三角筋や僧坊筋などのアウターマッスルの下に、棘下筋などのインナーマッスルが存在しているのです。

正しい姿勢は骨盤や背骨だけでなく、じつは肩甲骨を意識することがポイントです。常に胸を張って肩甲骨を引いておくというちょい足しの意識が、悪い姿勢のリセットとインナーマッスル強化につながるのです。


スポンサーリンク

歩くだけで肩甲骨ストレッチになる

肩甲骨に直接アプローチしないストレッチ方法もあります。肩甲骨につながる腕の向きから修正するのがポイント。じつは手の平を前に向けると腕が外側に回ります。この腕の動きに連動して、肩甲骨を正しい位置に戻すことができるのです。

すなわち、手の平を前に向けるだけで、肩甲骨周辺の筋肉に力を入れなくても自然に肩甲骨が寄って下がった状態になるということ。すると肋骨は引き上げられ、下腹には力が入ってへこむのです。

この状態で手を振って歩くだけで肩甲骨ストレッチになります。肩甲骨まわりの筋肉がほぐれて、正しい姿勢をキープしやすくなるはず。肋骨が上がって呼吸が深くなるため、基礎代謝が上がるという効果も期待できるちょい足しメソッドです。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事