ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

インナーマッスルを鍛えるストールの巻き方

インナーマッスルは身近にあるものを使って鍛えることが可能です。ファッションアイテムの「ストール」も例外ではありません。さっそくインナーマッスルを鍛えられるちょい足しメソッドのストールの巻き方を紹介しましょう。横隔膜が鍛えられるので、自律神経の安定にもつながります。



インナーマッスルを鍛えるストールの巻き方

横隔膜を鍛えるストールの巻き方

インナーマッスルを鍛えるストールの巻き方では、まずストールを細長いひも状にしてください。それを胸に巻いていきます。位置はちょうどみぞおちの高さです。

ストールを胸の前でクロスさせたら、両端をつかみます。ストールで胸を絞り上げる形です。ここで背筋を伸ばして姿勢をよくして、体を軸を意識してください。

この状態で、ストールを両腕で引っ張って胸を絞るようにしながら、息をしっかり吐き出すのです。肋骨が閉じるのを手伝うようなイメージで行います。息を吸うときは、胸に巻いたストールをゆるめていきます。

この呼吸を5回繰り返すのです。このストールの巻き方で鍛えられるのが「横隔膜」。ストールでなくても、タオルで代用することもできます。

横隔膜は立派なインナーマッスル

横隔膜と聞いても筋肉というイメージはありませんが、じつは立派なインナーマッスル。横隔膜は上下することで、肺に空気を取り込んだり、吐き出す役目を果たしています。

すなわち、横隔膜を鍛えると呼吸が深くできるようになるということ。深い呼吸ができるようになると自律神経が安定。自律神経は全身のさまざまな働きをコントロールしているため、体調を整えることにつながります。ストールの巻き方で体調を整えることもできるのです。

また、息を吸ったときと吐ききったときの胸囲との差は、その人の若さを表しているとか。差が少ないということは、横隔膜や肋骨があまり動いていないということです。インナーマッスルを鍛えるちょい足しメソッドのストールの巻き方をぜひ実践してみましょう。


スポンサーリンク

横隔膜を鍛えるスポーツ吹き矢もどき

横隔膜を鍛えるなら「スポーツ吹き矢」が効果的です。スポーツ吹き矢は手を上げ下げする基本動作に呼吸法を組み合わせた、健康増進を目的としたスポーツ。そこで、自宅で「スポーツ吹き矢もどき」で横隔膜を鍛える方法を紹介しましょう。

インナーマッスルを鍛えるのに用意するのはストローと綿棒、ティッシュの空き箱です。ストローに綿棒を入れ、入れたほうを手前にしてティッシュの空き箱を的にして息を吹きます。横隔膜を鍛えるには矢を吹く前後の基本動作がポイントです。

両手を高く上げながら3秒かけて鼻から息を吸ったら、両手を下げながら9秒かけて口から息を吐くのです。的を狙いながら鼻から大きく息を吸ったら、短く一気に吹いて綿棒を飛ばします。吹いたあとは6秒かけて息を整えたら基本動作は終了。1セット10本として、週に2~3セット行います。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事