ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

よく寝るために毛布はかけ布団の上にかける理由

よく寝る方法には「寝返り」が重要になります。よい寝返りを打てることが、すなわちよく寝る方法です。そして、よい寝返りには寝具が重要。なかでも、枕とかけ布団が重要なポイントになります。たとえば、毛布はかけ布団の上にかけるのが正解。寝具の正しい使い方を理解して、よく寝る方法を実践しましょう。



よく寝るために毛布はかけ布団の上にかける理由

よく寝る方法のポイントは寝返り

寝相がよい人とよく寝る人とはイコールではありません。というのも、よく寝るためには、血液の循環がスムーズに行われていることが大切なポイントです。睡眠中に動かないと、血液循環が悪くなってしまいます。

逆にいうと、よい寝返りを打てることがよく寝る方法のポイント。寝返りを打たないと血液の流れ、リンパの流れ、関節液の流れがぜんぶ悪くなるので、眠っていても疲労が溜まってしまうのです。

そして、よく寝る方法で重要な役目を果たすのが寝具。とくに枕とかけ布団は、よい寝返りを左右する重要な寝具になります。そこで、よく寝るための枕とかけ布団の正しい使い方を紹介しましょう。

よく寝る方法で間違いやすいポイント

よく寝る方法では、枕は正しい高さで使わなければなりません。枕に頭を乗せて胸の前で手を組み、ひざを立てて仰向けになります。この体勢から左右に楽に寝返りが打てるかをチェック。体に合った枕なら楽に寝返りが打てるでしょう。

かけ布団をかける順番は、よく寝る方法で間違いやすいポイントです。多くの人が毛布の上にかけ布団をかけていますが、これは間違い。この順番では寝返りがしにくいからです。

じつは、よく寝る方法では毛布はかけ布団の上にかけるのが正解。こうすることで毛布が寝返りを邪魔することがなくなります。その結果、適度な寝返りを打つことで血液が循環。よく寝ることができるのです。


スポンサーリンク

よく寝るためにパジャマはインする

よく寝る方法では、パジャマの着方にも注意します。パジャマの上着の裾をパンツにインしていないと、スムーズに寝返りが打てません。よい寝返りを打つために、パジャマはパンツにインすることがよく寝る方法です。

布団に入るとき両腕を出して寝るという人も多いでしょう。しかし、よく寝る方法ではひじを冷やさないことが大切。ひじが冷えることで夜中に肩こりになってしまうからです。

よく腕を布団の上に出して寝る姿を見かけますが、よく寝る方法ではNG。ひじはちゃんと布団の中に入れるようにします。寝相が悪くて心配という人は、長袖や七分袖のパジャマを着て寝るようにしましょう。

よく寝る方法は朝にストレッチする

よく寝る方法は、睡眠前や睡眠時だけではありません。じつは、朝起きたときにストレッチをすることもよく寝る方法の1つ。ストレッチは寝る前ではなく、朝起きたときに行うがよいのです。

睡眠というのは、起きているときと眠っているときのリズムの産物。きちんと起きるということが、よく寝るために必要です。よく寝る方法は、じつはしっかり起きることなのでした。

よく寝るための朝のストレッチは、子どものポーズがおすすめ。正座をした状態で、手を伸ばして上体を前に倒して伸ばすストレッチです。このポーズで覚醒したことを体に自覚させることができます。

この記事をシェアする


あわせて読みたい記事