ナイス!シニア
40代からの医療情報…現役看護師が監修

脈が飛ぶ

脈が飛ぶ時間が3秒以上は徐脈性不整脈の可能性
心臓が一時停止して脈が飛ぶ不整脈は数秒にわたっておこります。これが脳へ血液の流れを滞らせて虚血状態を招き、さまざまな症状を引き起こすのです。この脈が飛ぶ不整脈の正式名称は「徐脈性不整脈」。徐脈[…続きを読む]
脈が飛ぶ不整脈は安全なものと危険なものがある
脈が飛ぶ不整脈によって脳の血流が滞ることで、物忘れがおこることがあります。ただし、脈が飛ぶ不整脈すべてが危険なわけではありません。脈が飛ぶ不整脈には安全なものと危険なものが存在するのです。脈が[…続きを読む]
脈が飛ぶ…の危険タイプと安全タイプ
心臓が一時停止する「脈が飛ぶ」という現象は、じつは9割の人におこっています。そして、同じ脈が飛ぶでも、危険なタイプと安全なタイプがあるのです。脈が飛ぶときに危険なタイプは何が違うのでしょう。『[…続きを読む]